豊胸 方法

知っておきたい豊胸手術の基本!

豊胸とは胸を大きく豊かにすることを言いますが、豊胸とは大きくするだけではなく胸の形を美しく整え、豊かなバストラインをつくることでもあります。
その方法にはさまざまなものがあります。その中の方法に豊胸手術があります。

豊胸手術のメリットとしては胸を大きく豊かにするだけではなく、胸の形を美しく整えることができることや短期間で確実に胸を大きくすることができること、胸の大きさや形がコンプレックスになっている人の場合にはそれを解消できると言うことがあげられます。

豊胸手術と一言で言っても種類はいくつかあります。

豊胸手術の種類

脂肪注入法
太ももやお腹などにある自分の体にある余計な脂肪を胸に注入する脂肪注入法。
これは自分の脂肪に含まれている細胞を使い、メスなどを使わずに注射で行うものであるため傷も最小限に抑えることができ安全性も高いものです。

ヒアルロン酸注入法
ヒアルロン酸を胸に注入して行うヒアルロン酸注入法も、メスを使わずに行うもので、ヒアルロン酸はもともと人の体内に存在する成分であるためアレルギーなどの心配がなく体への負担が少ない方法です。
ただしヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていってしまうので、理想のバストを維持するためには定期的にヒアルロン酸を注入する必要があります。

パック挿入法
ワキや乳房の下など一部を切開してジェルや液状の内容物が入ったシリコン製のパックを乳腺や大胸筋の下に挿入するパック挿入法は、他の豊胸手術に比べると胸を大きくサイズアップすることができます。
パックは体には吸収されないので、長期間理想のバストをキープすることができます。

豊胸方法とそのメリット・デメリットって?

豊胸は女性にとって大きな関心のある話題の1つです。 大きな場うと歯多くの女性の憧れでもあり、現在では様々な方法で豊胸が行われています。

胸の大小の要因は乳腺と脂肪が影響をしており、胸だけを太らせることは不可能で、乳腺に関係する女性ホルモンの分泌が重要となります。
しかし、方法の中には失敗の事例を耳にすることもあり、豊胸を行う場合にはその方法に関するメリットとデメリットを知る必要があります。

それぞれメリット・デメリットは?


方法には、まず、非創傷性豊胸術と呼ばれるメスや針を使用しないタイプの施術があります。
その中の、ハイテク豊胸術はメリットとして傷がつかないこと、体への負担が少なく安全であること、自然なボリュームアップが可能であること、また女性ホルモンを整えたり、元に戻りにくいということがあげられます。
逆にデメリットとしては平均で3〜5カ月位の期間がかかることや閉経後の場合には不向きとなっています。
また、光豊胸においてはハイテク豊胸とメリットは同じ内容があるものの大幅なサイズアップを望めないデメリットがあります。

豊胸マッサージに至ってはリラグレーションや傷がつかないなどのメリットがある半面、効果がうすいという内容となっています。
特徴的なのは費用に関してで、以上の内容に関しては低額から中程度の金額で行えるということです。

次に外科的手術を上げることができます。
外科的な処理としては、現在以下の3つの方法があります。

  • シリコン挿入
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注入

シリコン挿入の場合には希望通りのサイズアップが図れる半面、切開による傷跡や体質によってシリコンが硬くなる、またメンテナンスが必要となることです。
また、脂肪注入に関しては異物を使用しないためにアレルギー反応の心配がないことや自分の脂肪を注入することで痩身効果やレントゲンに移らないメリットがありますが、注入された脂肪は半分くらいが吸収されるため、確実なサイズアップには向いていないデメリットがあります。

ヒアルロン酸注入は切開もなく、短時間で可能ですが持続期間が数ヵ月から約2年位と短い期間となり、継続的に注射が必要となってしまいます。

また、外科的手術全般にいえるデメリットは費用が高額になることです。

他にもサプリのみを使用する方法などがありますが効果的に考えても一長一短があり、豊胸に失敗をしないためには自分に向いた方法を選択する必要があります。


豊胸手術はどれも短期間で胸を大きく、美しくすることができるため女性には人気のある方法です。
しかし施術の失敗や後遺症などがないとは言い切れません。自分が行いたい豊胸とはどのようなものなのかを明確にして、その方法にはどのようなものがあるのか、そのリスクはどのようなものかなどある程度の基礎知識を学んだうえで、方法を選択するようにすることが大切です。

そしてリスクを回避するためには施術を受ける前のカウンセリングでしっかりと話を聞いておくことが大切です。


まとめ
跡を残さず、少しバストアップしたい…という方にはヒアルロン酸や脂肪を入れる注入方法がオススメ。
ただ、いずれ吸収されてしまうので、キープするには定期的に通わなくてはいけないというデメリットがあります。
反面、大胆にしっかりサイズをアップさせたい方はシリコンやパックを挿入する手術が必要となります。
理想のバストが手に入りますが、切開を伴う手術の為、自分の体調や負担・コストをしっかり考えることが大切です。